名前の定義

icon :      key : ctrl+u / ctrl+shift+u

選択した行の名前を定義する基本的な機能。名前の定義はバブルや式を作ったタイミングで自動的にされるし、リネームやブロックコピーの作業でも副次的に行われるため、使用されるのは、名前がコンフリクトを起こしているときなどに、一旦全ての名前を消して、全体を再定義するときぐらい。既に式やバブルが定義されている行の名前の列に新しい名前を入力して実行すると、既存の名前を削除して新しい名前に再定義する。後述のリネームとは異なり、他の式の中に記述されている名前を書き換えることはしない。shiftを押しながらボタンをクリックするとモデル全体の名前を定義する。