デザイン思考の道具箱:奥出直人 デザイン思考の道具箱:奥出直人

【主任】『デザイン思考の道具箱』というタイトルの本なんですが、サブタイトルの『イノベーションを生む会社のつくり方』と道具箱がどのようにつながるのか興味があります。

【課長】暑いからって本にあたってもしかたないよ。

別にあたってる訳じゃなくて本当に興味を持ったんですよ。で、面白かったですか?

自分で読めよ! 時間かからないから。

さてはパラパラってめくっただけですね?

ちゃんと読んだよ。

じゃあ どうでした?

第一部は、デザインがビジネスで重要な要素となるって言う、よく耳にする世の中の流れの話だよ。第二部はデザイン思考の道具箱ってことで、考えるためのツール類が紹介されてる。

デザインが重要になるんですか?

デザイン系の仕事の仕方を取り入れるってことが書いてあって、企業や事業もデザインするって書いてあるんだけど...ふ〜んって感じだけどね。

デザインがあれば戦略はいらないってことですかね?

でも、戦略もデザイン思考で考えればありなんじゃないかな? これからの時代は何事にも創造性が大事だよって意味かな?

昔からそうじゃないんですか?

資産だけあれば儲かる時代とか、正しい戦略を選択すれば勝てる時代とか、あったからね〜。

クリエィチビチィの時代ですな。

...まぁね。

道具箱の方はどうだったんですか?

初めて聞く人にはとってはいいんじゃないかな〜

見たことあるものばっかりだったってことですか?

100%オリジナルのものなんかそうそうないんだからさ〜 丁寧に解説はされてたよ。

道具箱は有効ですか? クリエィチビチィに?

宮大工の道具だけ見ても宮大工の凄さはわからんもんね。

使えないと?

結局使う人の問題なんだろうけどね...でも、面白いものが生まれる時って、チーム内に妙なテンションとかモチベーションがあるよねぇ。あの雰囲気を、メンバーやテーマに関わらず、短い時間で生み出すことが出来れば、最高のツールだと思うんだけどね。

それはツールというより、ドラッグですね。

Comments are closed.

Post Navigation